「 循環 」 に関する一覧を表示中

重い尻をどうにかする

何かをやらなければならないのに 気が重いときがあるだろう それはやるべきことが重いのではなく 流れようとする全体に 抵抗している思考が重いのだ 手を離せば勝手に …

人生は最初からエンドロール

本のあとがきに 謝辞というのがあるね 作者がその本を世に出すにあたり お世話になった人達に 感謝の意を述べるものだ 私は謝辞を読むのが好きで 海外著者の学術書な …

アカシックレコード

私たちはすべてを言葉として認識する 人、物、手荷物の重さ、肌寒さ、、 どんな芸術であろうとも 言葉としてそれを「読んで」しまう だから美術館へ行ってもつまらない …

未来の自分に力を与えてもらう(前編)

前回の手記はいつものようにいくつかの仕掛けを加えているのだけども、今回はそのなかで重要な箇所を引用してみよう。 さて、いま私は自分の暮らしについて「まったく大丈 …

不幸を遠ざける

なぜ陰鬱な気分になるのかといえば 物事について妄想するからであるが その「妄想の傾向」は 過去の体験などが蓄積された 潜在意識の領域から運ばれてくる まあ「嫌な …

呼吸が大地の恵みを出現させる

自分が楽しいと思える生きかたをすることだ。それは何かを目的とせず、何かを得ようとすることでもなく、いま楽しんでいる自分にあり続けるということにある。 その「楽し …

美しい花々が咲いている

有名なイエスの言葉がある 「敵を愛しなさい」だ 正しく引用すれば 「敵を愛し、 自分を迫害する者のために祈りなさい」 (マタイによる福音書5章43節) これはど …

こどものように楽しむこと

朝一番のあなたは なんでも捗る 昨夜あれだけ唸っていた 書類の作成も あっという間に完成する 眠ってすっきりしたあとは あれこれ浮かぶノイズに 邪魔されないから …

空っぽの人生を歩まないために

パソコンの壁紙を替えたいと思って そうして何時間かかけて ピンとくるものを探し選ぶ でも思っていた通りの 完璧なものは見つからない だから妥協しなきゃならない …

人生の儚さを超える

人がいて動物がいて 信号機があって建物がある だがこれは言葉の世界だ 人や信号機という 言葉で区切りとった世界をみている もし言葉を捨てることができたなら 世界 …