「 苦悩 」 に関する一覧を表示中

空白のパズル

人は完全さを求める なぜなら生そのものが不完全であるからだ 完全さとは「納得する」ということにある 誰もが納得したい そこには不完全の隙間がない 寸分の狂いもな …

シンプルな心を習慣にすると不幸にならない

最低の気分なとき それはもちろん 嫌な出来事があったときだろう あなたは腹がひっくり返るような ズンと重い気分をあじわう 世界に置き去りにされた感覚 やっぱり自 …

光に溢れる人生を送る

人間は自分を持つほど不幸になる つまり理性的になるほど 出来事に恐れるようになる たとえば誰かに何かをしてあげるとき 「曇りのない喜びだけがある」 というわけじ …

不死とエゴ、そして新しい人生(2)

前回からの続きとなる。 「実存世界」は人間を存在させる地球レベルに留まらず、地球を存在させている太陽系、その太陽系を存在させている銀河系、さらにその高次へと上位 …

この世の良し悪し

誰かに何かを言われて腹が立つ 考えてみれば腹が立つのは 毎回似たようなことだろう ではもし いつも腹が立っていたことが 全然に気にならなくなったら それはどんな …

他者とは何者か

どんな楽器も最初はひとりで練習する つまりソロとして演奏される その楽器と向き合って どんなときも一緒に過ごして だんだんものにしていく 人生と同じだね もちろ …

奇跡が起こるとき

どんな過酷な状況にあってもそのなかで自由であることだ。それを忘れてはならない。 あなたが人生に何かを求めるのではなく、人生があなたに何を求めているのかに耳を傾け …

気軽な暮らしを実現する

社会で生きてれば 確かにいろいろと面倒を背負う そんななかで気軽に生きていくには どうすればいいのだろうか 今回は苦悩という幻想の正体を学び そして安心感に包ま …

心の世界の妄想から抜ける

外を歩いていて妙な人と遭遇する。相手は自分のことを見ている。あなたはその視線を感じている。 それがどういう意味であるかは不明なんだけども、駅や地下街の人混みの向 …

社会で生きていくために(5)

人間の肉体は地球と同調する。地球は循環を繰り返している。それは人間の目からは破壊と創造の連続にみえる。どちらかといえば破壊ばかりにみえる。死、喪失、離別、去って …