光に溢れる人生を送る

人間は自分を持つほど不幸になる
つまり理性的になるほど
出来事に恐れるようになる

たとえば誰かに何かをしてあげるとき
「曇りのない喜びだけがある」
というわけじゃないだろう

自己犠牲的な傷を負うことが
「誰かのため」となっている

自分を取るか
相手を取るか

バランス加減のつもりでいるけども
結局のところは
どちらも自分を取っているのだ

ゆえにあなたは釈然としない
幸せなんて作り物にみえる

だからいつも人生に吐き気がしてる

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. th900 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

名前を入れて頂くと返信がしやすいです。
連続コメントする場合は、自分の書いた最初の投稿に「返信」して下さい。誰かに返信するときも同様です。その人の最初の投稿から、以降はぶら下がる形となります。

Please Login to Comment.

  関連記事

悪しき種を刈り取る
カラフルな世界の色彩になる
思考をキャッチする
他者の問題の中で生きることをやめる
重い尻をどうにかする
現実を簡単に超越する瞑想
レーダーから消える
神の旋律