恋愛の法2

恋愛は求めて得る方法と
求めず得る方法がある

求めて得るとは苦悶が訪れる
すべては「ただそこにある」が
純粋な捉え方だ 友達と同じ

よって
気が付いたら隣に誰かいた
気が付いたら愛に溢れていた
それが苦のないセオリーとなる

では恋愛ジャンキーのあなたに
どのようなドラマを送ろうか

以前も伝えたが恋愛とはつまり
あなたの中の愛がぶっ放されている状態
つまりハートに火が着いた状態のことだ

あなたの愛を放出する引き金として
「相手」が存在する

だから相手が重要ではない
あなたの引き金となれば
正直誰でもいいのだ
あなたはあなたに恋しているのだからね

つまり恋人が欲しいという相談とは
「誰かの引き金に私を起用してほしい」
そういうマゾヒズムなものだ

最初に断っておくが
相手の愛が炸裂するだけであり
つまり「出来事が起こっている」だけであり
あなたにはまるで関係のないことだ

そこに同化すること自体が苦となる
だから相手が
「自分の中の愛」に満ち足りなさを感じれば
浮気者ならばすぐに他のトリガーを見つけ出す
つまり「アイデア」そのものが
あなたに苦悶を与える結果となることだけを
最初に了承しなさい
それでもよければ‥だがね

まあつまり「モテる方法」だね
簡単だ

あなたといることで
相手が「最高の気分」になれれば良い

ただそれだけのこと
相手は自分の中で至福が溢れ出す
それは「あなたといるから」と錯覚する

さてそれをどうお膳立てするか
いいかい「計画」は基本的に破綻する
だからすべて偶然に任せる
あなたは何もしない

ここからはこのブログのペースにさせてもらうよ

計画とはどんなものでも
あなたの「恐れ」が題材となる
だから隙だらけなのだ
誰が見ても胡散臭い
誰が見てもあなたの必死さがわかる
高価なプレゼント?
最高級のホテル?
そんなもの価値を感じるのは
支払い時だけだろう

だから何もしないことだ
何もしなければ何の発展もないのでは?
そうだ

何もしないとは
あなたのマインドを介入させないということだ
その「相手」がそこにいるとき
あなたは「損得」で関わらない
「駆け引き」をしない

相手が望む通りに
つまり出来事が起こる通りに
それをそのまま受け取る
決して計算をしない
判断をしない
出来事に溶ける
「私」を消し去る
イエス!イエス!
なんでもオーケー!というスタンスだ

「私は良いように利用されてるんじゃ‥」
なんて考えない
相手が他に恋愛相手がいようが
どうでもいい
あなたはただそこに在る
それを徹すればいい
何の思考もない
何のアイデンティティもない

それがモテる秘訣だよ
恋愛に限らず
何事に於いても同じ

あなたは「己」を固持しすぎている
「傷つきたくない」
「こう思われてたらどうしよう」
「私の理想はこうだ」
などね

だからモテないのだ
出来事に溶けること
それは己を消し去ることだ
己より出来事に重きを置く
それが相手のハートに
火を着けるということになる

まあそれでも相手があなたに靡かなかったら
それも出来事だ
そこに溶けなさい

次の「出来事」はいくらでも起こるから
ドラマを楽しみなさい

前記事と同じ話なのだがね
あちらもよく読んでみることを薦めるよ

 

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , ,

コメント・質疑応答

  関連記事