自分と他者

たとえば外を歩いるとき「周囲の目線を気にしている」のと「自分から周囲を見ていく姿勢にある」のとでは、心の状態が真逆にある。「自分見ているか」、「自分見ているか」の違いなんだけども、顕著なのは前者には「心の中に「自分」が出現している」ということだ。

「他者にこう思われているであろう」「他者にこう思われたい」という「自分」が中心となっている。「自分」を浮かべられる以上は他者の視線があるわけだから、つまり他者の存在が絶対的な力を握っている世界だといえる。

 

偽りの自分

ところでこの「自分」とは一体誰なのだろう?それは本当にあなた自身なのだろうか?そうではないことは明白だ。その心に居座っているのは良くも悪くも「他者の評価」なのであり、そしてそれはあなたがその他者ではない以上、完全な妄想である。

さらにそれは、本当に目の前にいる他者の姿が「まるでみえていない」ことを意味する。その人を見ているようでありながら、自分ばかりをみている。つまり世界が見えていない。自意識過剰の典型、つまりモテないタイプだ。言葉の表現が紛らわしいけども「意識的に在る」というのとは真逆の状態にあるわけだ。

こうした状態で生きていると人生が不安で覆い尽くされる。幽霊みたいな自分とその周辺しか見えていないのであり、まさに「闇のなかの手探りの様子」だからだ。これが仏教でいう無明、すなわち無意識に生きているということである。

 

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. ダテキヨ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ひとつの光 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

  関連記事