不死とエゴ、そして新しい人生(3)

前回からの続きとなる。今回はあなたを幸せにも不幸にもする「欲望」について話していこう。この話であなたの人生観が大きく変わるはずだ。

1.欲望について

古来からの宗教やスピリチュアルでは「欲望を断ち切れ」という教えがされる。だがこれは欲望を抱くなということではない。欲望に溺れるなということだ。

そもそも「欲望」とは抱くことができるものではない。つまり欲望はあなたのものではないのだ。大事なところだから覚えておきなさい。欲望はあなたが狙いを定めた目的ではなく、欲望そのものが原因なのだ。

つまり欲望のほうがあなたを引き寄せるということだよ。まるで捕食するかのようにね。

 

実存世界と私たちの現実

前回、前々回と渡って、私たちが見えている「心の世界」とは、その土台に「実存の世界」があると伝えてきた。いってみれば実存とは巨大な有機体のことだ。その蠢く体内であなたは「個人」や「暮らしている世界」という「夢」を見ているにすぎない。

だから日々起こる出来事というのは、心の世界でどのような解釈をしたところで、その背後では実存の生命活動がただ起きているだけのこととなる。

 

2.できることできないこと

もちろんその巨大な生命活動に「則った在りかた」で生きるというのは、実存にとってはストレスフリーなんだけども、厄介なことにあなたは社会の一員として生きている。つまり実存の要求通りにできることと、できないことが出てくるわけだ。

誰もが「できないこと(してはならないこと)」を成長過程で洗脳される。つまり自らの行いを審判する「スーパーエゴ(良心)」が心に植え付けられる(以前の手記を参照)。そうして「私たちの社会」が構築されているわけだ。

 

野生生物は社会では生きていけない

だからスーパーエゴを無視すれば表面的には、恥じらうこともなく、苦しむこともなく、ただやりたいことだけをやっていける。だがそれは野生動物のように成り下がることでしかない。つまり自己の存在性がいまよりも低次に向かう。

なぜならあなたは社会のなかで生きているからだ。それはチームで野球をプレイしているなかで1人だけサッカーやテニスをやろうとしているようなものでしかない。平気で残忍な凶行をする「心のない」犯罪者もその次元にあるといえる。

 

渇き

「心なんてなくなればどんなに楽だろう」なんて声を聞くことがあるけども、実際にはスーパーエゴの監視からは逃れられない。四六時中、心のなかで罰せられ続けるようになる。となるとその辛さから逃れるように何かでごまかし続けるしかない。結果、心を麻痺させる刺激物に走るようになる。

そうして繰り返される渇望はもうひとつの「罠」といえる。

たとえば犯罪者は犯行を繰り返していくわけだけども、その「喉の渇き」とはなんなのか。あなたもそれは何度も経験しているはずだ。「わかっちゃいるけどやめられない」というような悪い習慣をね。

 

3.魔の花

たとえば過食。甘いものを無意識に貪る。気が付いたら全部たいらげてる。お金遣いもそう。財布にお金があれば歯止めがきかない。便利なネットショッピングで凄まじいカードの請求がくる。男性ならばマスターベーションのあとの虚しさ。いくらでもあるね。ギャンブル、アルコール、自傷癖、さらには「苦悩すること」でさえも気が付いたらすでに手を出してる。

なんでもそうだが「やる前」や「やってる最中」にあれだけ高揚していたのが嘘みたいに、いまは隙間風にさらされてる。まるで「何かに引っ張られていた」かのように吸い尽くされて無残な姿だけが残される。

つまり欲望とは、あなたが自発的に狙いを定めた目的のことではないのだ。あちらがあなたを吸い尽くすために引きずり込んでいるもの、つまりそれ自体が生き物なのだよ。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

この記事を保存・共有できます。

Notes , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

コメント・質疑応答

会員記事のコメントは記事上ではログインしないと表示されません。
会員の方はユーザー名が入ってしまうので別名を希望の方はこちらで申請してください。
連続投稿する場合は「自分の最初のコメントに返信」してください。
記事に無関係なコメントは禁止です。良識の範囲内でご利用ください。
業者からのスパム広告を防止するシステムを採用しています。短期間内に連続投稿をするとシステムにスパム登録されてしまい一切の投稿ができなくなりますのでご注意ください。

  1. momo56 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • momo56 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • momo56 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  2. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ハイライト より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • ハイライト より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  3. th900 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  4. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • aslan より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  5. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  6. やおろず より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • やおろず より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  7. スーパーリッチ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  8. スーパーリッチ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  9. buruku10 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  10. aslan より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  11. ひとつの光 より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  12. スーパーリッチ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  13. ハイライト より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
  14. スーパーリッチ より:
    このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。
    • 涅槃の書-自分 より:
      このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。

コメント・質疑応答

名前を入れて頂くと返信がしやすいです。
連続コメントする場合は、自分の書いた最初の投稿に「返信」して下さい。誰かに返信するときも同様です。その人の最初の投稿から、以降はぶら下がる形となります。

Please Login to Comment.

  関連記事