「 意識の鍵 」 に関する一覧を表示中

第八の鍵

いつもの通り道 利用したことはないが 昨日まで営業していた店が 閉店していた 駅のホームでは 知らない男が揉み合って喧嘩をしていた 家に帰ると家族の誰かが 「今 …

第七の鍵

手も足もでないような事態 人生の問題を抱え 真っ暗闇を泳いでいる人が もう限界だと悟ったとき 「急に目の前が明るくなったんですよ」 そう話すことがある いいかい …

第六の鍵

今回は究極の鍵のひとつだ 鍵にはこう刻まれてある 「あなたは何をしてもいい」 そう、何をしてもいい このシンプルな意識の置き方があなたの制限の扉を開いてしまう …

第五の鍵

一日の始まり あなたは目を覚ます 見慣れた部屋の風景 家族と暮らしているなら みんなの顔、声、会話 昨日のこと、今日のことを話す 外に出てみる 無造作に置かれた …

第四の鍵

いまそこにあるものを数えてみる 歩きながら数えてみようか いつも頭の前の方に置いてる意識を 少し後ろにさげるイメージをすればよい さあ歩いてみよう そこになにが …

第三の鍵

鍵を渡す前に少しやってもらうことがある よいかな?   イメージしてもらいたい いまあなたが部屋にいるとして 目の前に私が座っている テーブルを挟んで …

第二の鍵

あなたの人生が苦か楽か それはいつも心の状態できまる 私は「気分転換でもどうかね」という 音楽を聴いたり 森林の中を歩いたり だがあなたはそんなチンケな作法など …

第一の鍵

第一の鍵は「マインドの鍵」だ 役に立たない鍵ともいう 鍵には「マインド」と刻んである どんな扉にも合わない鍵だ 問題や悩み事が起こるたびに その鍵を使いなさい …